エックスサーバーでWordPressを無料でお試しする方法!

スポンサーリンク

エックスサーバーでWordPressを無料でお試しする方法について解説します!

WordPressでブログを始めようと思ったときにレンタルサーバーが必要になります。
まずは無料お試し期間を有効利用しましょう!

今回はエックスサーバーの無料お試し方法について解説します!

WordPressでブログを始めるときには無料お試しを有効利用するのがおすすめです。
こちらをご参照ください。

そもそもWordPressにしようか迷っている方はこちらもおすすめです。

  • エックスサーバーの無料お試し期間の利用方法がわかる!
  • ブログをこれから始める方にとっておすすめの記事です!

エックスサーバーの無料お試し方法

早速無料お試しで始めてみましょう!

エックスサーバーでWordPressを始めるだけなら特にむずかしいところもありません。
ただし、あくまで簡易的に始める手順になります。

本格的に始めるときは、こちらの手順がおすすめです!

なお、ところどころ、待たなければならない箇所があります。
サーバー側の設定が少し時間が掛かるところがあるんですね。

エックスサーバーの無料お試しの申し込み

下記リンク先がエックスサーバーのサイトになっています。


こちらにアクセスしたところからの画面キャプチャを使って紹介していきます。

まずこの画面は2019年2月にとったものなので多少変わっているかもしれません。
画面内にある無料お試しを探します。

サーバー無料お試しの「お申込みはこちら」が見つかればOKです!

「お申込みはこちら」をクリックします。

お申し込みフォームになります。

「新規お申込み10日間無料お試し」をクリックします。

お客様情報の入力画面になります。

契約内容や会員情報を入力していきます。

補足の必要そうなものだけ補足します。

  • サーバーID:無料で使えるドメインになります。
    サイトのURLになりますが、いずれ有料の独自ドメインを使う事をおすすめしています。
    その場合は実際には使いません。
    ただ、契約時のドメインであり、使えるものにはなりますので、あまり変なものにはしない方が良いです。
  • プラン:サーバーのスペックが決まります。
    後で切り替えることができるのがエックスサーバーの魅力でもあります。
    ここではX10にしましょう。
  • メールアドレス:契約時のメールアドレスです。
    エックスサーバーからの連絡アドレスになりますので、使えるものを指定しましょう。
  • 「利用規約」「個人情報の取り扱いについて:ご確認の上チェックを付けます。

入力が終わったら「お申し込みの内容」ボタンをクリックします。

入力内容の確認画面になります。

確認の上問題なければ「お申し込みをする」ボタンをクリックします。

お申込み完了画面になります。

この後登録したメールアドレスにメールが送られてきます。

「エックスサーバー サービスサイトへ」のリンクをクリックします。

  • 多少時間が掛かる場合があります。
    メールが来るまでは利用できないので待ちましょう。
    遅い場合は翌日になることもありました。

この後、メールに記載の会員IDとインフォパネルパスワードを使います。

エックスサーバーにログイン

トップ画面に戻っていると思います。
もし戻っていなければこちらからどうぞ。



というわけで、トップ画面です。

「ログイン」ボタンをクリックします。

選択肢が表示されます。

「インフォパネル」をクリックします。

少しだけ補足しておきますね。
最初に使う可能性が高いのは以下になります。

  • インフォパネル:契約情報の確認や各機能を利用するための管理画面です。
    サーバーの本契約や、ドメインの契約等、また契約中のサーバーパネルやファイルマネージャーへログインできます。
  • サーバーパネル:サーバーの設定を変更したりするための管理画面です。
    SSLの設定やWordPressの簡易インストール等を行うことができます。
  • ファイルマネージャ:サーバーのファイルをダウンロードしたりアップロードしたりするための画面です。

インフォパネルのログイン画面になればOKです。

先程のメールの会員IDとインフォパネルパスワードを使います。
入力後「ログインボタン」をクリックします。

インフォパネルになります。

画面下部に進むと、サーバーの一覧が表示されます。

ここでも少しだけ補足しておきます。
左にメニューがありますね。
ここで「料金のお支払い/請求書発行」に進むと、対象のサーバーを選択してお支払いに進めます。
お支払いが終わればお試し期間も終了し、正規の利用開始となります。

  • 私の契約したときは、お支払いに進んでも無料期間分はただで使えました!

では話を戻します。

画面下部の「サーバー」に申し込みしたときのサーバーが表示されます。

サーバー管理をクリックします。

サーバーパネル画面になります。

続いてWordPressのインストールに進みます!

WordPressのインストール

WordPressのインストールの前に独自SSLの設定をしておきます。
通信が暗号化され、安全に利用できるようになります!

サーバーパネルのSSL設定をクリックします。

ドメイン選択画面になります。

申込時のドメインが表示されるので「選択する」リンクをクリックします。

SSL設定画面になります。

「独自SSL設定追加タブ」をクリックします。

「独自SSL設定追加タブ」に切り替わります。

「CSR情報(SSL証明書申請情報)を入力する」にチェックを入れます。

CSR情報の詳細を入力できます。

例に倣って入力してください。
入力できたら「追加する」ボタンをクリックします。

SSL新規取得申請中になればOKです。

画面にもある通り、SSLが使えるようになるまで少々時間が掛かります。
とくにサーバーができてすぐの場合、なおさら時間が掛かるかもしれません。

設定追加の旨表示されます。

「戻る」ボタンをクリックします。

SSL設定一覧に表示されればひとまずはOKです。

とりあえず待たなくても途中までは先に進めるので進みます。
レンタルサーバーか「トップ」リンクをクリックし、サーバーパネルトップに戻ります。

サーバーパネルの中からWordPress簡単インストールを見つけます。

「WordPress簡単インストール」をクリックします。

ドメイン選択画面になります。

「選択する」リンクをクリックします。

WorsPress簡単インストール画面になります。

「WordPressインストールタブ」をクリックします。

インストール情報入力画面になります。

インストール情報を入力します。

簡単に補足しておきます。
とりあえずはブログ名、ユーザー名、パスワード、メールアドレスだけ設定しましょう。

  • ブログ名
    サイトのタイトルの事でホームページ上部に表示されたり、検索時のタイトルに使われたりします。
    後で変更する事ができます。
  • ユーザー名
    WordPressはブログ管理ツールなので、ブログ管理を行うWordPressユーザーです。
    後で変更する事ができません。
  • パスワード
    WordPressユーザーのパスワードです。
    インターネットに公開されているユーザーのパスワードなのでしっかりセキュリティの高いものにしてください。
    それなりに攻撃されますので、安易なものでは乗っ取られますよ!
    後で変更する事ができます。
  • メールアドレス
    WordPressユーザーのパスワードで、WordPressが更新された場合などで通知が飛びます。
    後で変更する事ができます。

入力や設定を終えたら、「インストール」ボタンをクリックします。

確認画面になります。

内容は伏せています。

問題が無ければ「インストールする」ボタンをクリックします。

完了画面になります。

IDとパスワードは設定したものです。
忘れないようにしましょう。
「戻る」ボタンをクリックします。

インストール済みWordPress一覧画面になります。

ここにインストールしたWordPressが表示されます。
「ダッシュボードへ」リンクをクリックします。

WordPressログイン画面が表示されればOKです。

ここでいきなりユーザー名とパスワードを入力しないようにしましょう!

「保護されていない通信」となっています。
この状態ではユーザー名とパスワードが暗号化されずに通信されています。

アドレスの「http」を「https」に変更します。
また、「wp-login.php」以下のURLを削除します。

こんな状態ですね。

これでエンターキーを押下し、このURLでアクセスし直します。

再びログインページが表示されます。

このとき、URLの所に「南京錠」マークがつけばOKです!
暗号化された通信になっていて、ユーザー名やパスワードは保護されています。

  • ここまで時間を空けずに設定してきている場合SSLを開始できない場合があります。
    SSLの設定をするための時間が掛かっている場合があり、時間を開けて変更すると変更できるようになる場合があります。
    南京錠が付かないときはしばらく時間を空けましょう。

WordPress簡単インストールの際に設定したユーザー名とパスワードを入力します。
「ログイン」ボタンをクリックします。

ダッシュボード画面になればOKです。

ここまでがインストール作業になります!

お疲れさまでした!

これでもう記事を投稿できる状態にはなってるんです!

  • とりあえずインストールするだけならこんなに簡単です!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

  • レンタルサーバーとかドメインとか、別に難しくないじゃん!
  • インストールってこれだけ?!
  • 思ってたより簡単に記事を書きだせるんだ!

そう思って頂けたら幸いです!
ここからデザインにこだわり出すと、少し大変なんですけどね。
それはWordPressじゃなくても同じ話です。

無料お試し期間にいろいろやってみて大丈夫そうか確認しましょう!

  • エックスサーバーでWordPressを無料でお試しする方法でした!
  • 意外と簡単なんだという事をわかっていただけたら幸いです!

ここまでお読みくださりありがとうございました!